さくらつうしん・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 寂しいのかな・・・

<<   作成日時 : 2011/04/19 17:04  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


昨日の続きの話しです。



夜、また母から電話が掛かってきました。


「そういえば今日はあなたの誕生日だったね」


って・・・。



やはり覚えてたみたいです。



やれやれと思ったのも束の間、

なんだか言ってることがおかしい。


「今日は遠いところからわざわざ来てくれてありがとうね」


だって・・・。




母の頭の中では、
あの鍵の出来事が他の話しにすり替えられちゃったようです。


で、今日も昼ごろに電話が掛かってきました。

運転中だったのでメッセージが留守録に入ってたのですが、

「お父さんの電話番号が分からなくなっちゃって〜、銀行の人が来てるんだけど〜」
と慌てた様子の母の声が録音されてました。



携帯で私のところに電話が掛けられるのに、
なぜ、父には掛けられないのか?



不思議な話しです。



車を止めて折り返し
母に電話したらケロッと

「昨日は本当に遠くから来てくれてありがとうね。誕生日だったのに何もできなくてごめんなさいね」


って、明るい声で母が一方的に話してきました。


「お父さんの電話番号は大丈夫なの?」
って私が聞くと、


「私、そんな電話したっけ?」っておとぼけ(苦笑)。


お父さんの番号が〜、というのは
私に電話を掛けてくる口実なのかも知れないなぁ。



母の頭の中を見てみたい・・・。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
お誕生日おめでとう〜(*^_^*)
さくらちゃん、お母さんの頭の中は、つまり、スイッチがひっついたり離れたりしてる状態です。決しておとぼけでも、冗談でもないの。本人はいたってまじめに生きています。お父さんの電話番号はほんとにわからないのよ。そんなときでもさくらちゃんの電話番号だけは覚えてるの。誰のところに電話しなくてもさくらちゃんのところにかけてくるのは、さくらちゃんが頼りだから。お母さんはそういう病気です。
こちらの気持ちが鏡のように反映されます。こっちが笑っていたら笑うし、辛い顔してたら不安になるし。これからもっともっとこういうことが起こるわね。駆けつけるのに時間がかかるのなら、気の置けないご近所さんに鍵を預かってもらって、お母さんに気づかれないようにさりげなく鍵を置いてもらうとか、お巡りさんに協力してもらうとか、ご近所に内緒っていうのは却って逆効果なのよ。話をして協力してもらえたら良いね。
おたま
2011/04/21 01:25
おたまさんへ
ありがとうございます・・・。
昨日、弟からも電話が掛かってきて、やっぱり「最近、母さんから何度も電話が掛かってきて、でも様子が変なんだよ」って言ってました。
ゴールデンウイークに兄夫婦が来てくれることになったので、みんなで色々と話し合いたいと思います。
近所付き合い・・・。実家は都会なのでまったく付き合いがないんですよね。隣りの人も誰だか分らない〜って感じです。
さくら
2011/04/21 08:17
たぶん、お父さんは口では強がりを言っても、本心は毎日葛藤の連続で、いっぱいいっぱいだと思うのよ。

そこを子供たちが汲んであげないと共倒れになると思うの。

かといって、遠方にいる子は、どんなに心配しても現実にはお金を出す以外に、何にもできないのよね。

お母さんの症状は時と共にだんだんひどくなるのに、隣近所や兄弟が全くあてにならないとなると
いずれお父さんが介護のために仕事をお辞めになるか、週に何日か数時間でも、さくらちゃんが実家に通うことになるわ。
現状として、お父さんがお母さんを看ていかなくてはならないのなら、仮にヘルパーさんに入ってもらうにしても、専門外来に受診しなければ介護認定が下りないのよ。

連休じゃ、お母さんを病院に連れて行くこともできないし…
ご家族で具体的な話し合いができたら良いわね。

お父さんと一緒に専門家に相談に行って良い知恵を貰ってね〜
さくらちゃん」
ファイト

おたま
2011/04/23 02:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
寂しいのかな・・・ さくらつうしん・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる