こんな時は・・・


世の中、三連休でしたね。
わが家の場合はいつもと変わらず…。


長男は塾だし、次男はサッカーの練習があったり…。

ただ、珍しく、
ダンナが日、月曜と泊まりでゴルフにでかけて留守だったんです。




日曜日、
長男の塾はいつもの校舎ではなく、
H駅(うちから電車とバスを乗り継いで一時間半ぐらいかな~)の校舎での講義だったのですが、

「夕方6時くらいには家に帰れるよ」と言うので、

ダンナがいる時には行けないファミレス(ダンナは大の外食嫌い!)で夕食を食べようか~と、私と子供達で盛り上がってました。


ところが、
長男の帰りを家で待っていた次男が突然グッタリ…。
頭が痛い、というものの熱はないが、とにかくグッタリ、目もうつろ。

あわてて寝かせました…。

あぁ、
これで夜の外食は無しね、長男も残念がるだろうなぁ~と思ってたところ、


長男から電話で、
「今、終わってH駅なんだけど。お腹が捻れるように痛いんだよ」と弱々しい声…。


これはピンチ…。


家ではグッタリ倒れてる次男、

外出先でお腹が痛いと訴えてる次男、

家には私しかいないのにどうすればいいの…?




とりあえず、
長男に「迎えに行ってあげたいけど無理なの」と事情を話し、
(それに車で迎えに行くには遠すぎる場所だし)

なんとか頑張って電車で最寄駅まで帰ってきて欲しい、
最寄駅までは私が何とかして迎えにいくから、と伝えて電話を切りました。

途中、何回も「大丈夫?頑張って!」とメールを送るものの、

長男からなかなか返事が来ない。

どこかで倒れてるのか?
駅員さんでも誰でもいいから
どうか長男を助けて下さい…、
と、祈るような気持ちで連絡を待ちました。


そんな私の隣りでは苦しそうに寝てる次男。

もう、泣き出したくなりました(恥)。

なんでこんな時に限ってダンナはいないんだか?

そこに腹が立ったのだけど、
そんなことを考えても何も状況は変わりません。


一時間過ぎたころ、やっと長男から
「横浜を出た」とメールが届き、

とりあえずホッとしましたが、

さて、次なる問題は
苦しそうにグッタリしてる次男を置いて、
どうやって長男を最寄駅まで迎えに行けばいいのか?


すっごく悩みました…。



同じマンションの友達に連絡して
私が留守の間だけ次男を看ててもらおうか?と考えたのだけど、
連休の中日だし、ちょうど時間的にも主婦は一番忙しい時間…、

私、こういうことが妙に気になっちゃうんです。

あまり人に頼りたくない、迷惑掛けたくないという気持ちが強い…。

こんな時には遠慮しないで頼ればいいんでしょうけどね…。

でもやっぱり他人なので…。

短い時間にさんざんあれこれ悩んだ結果、

結局は、
うつらうつらしてる次男に
「お兄ちゃんを駅まで迎えに行くからね、頑張って待っててね」と言い聞かせ、
後は神様に次男の看病を任せて急いで駅まで出掛けました。

駅で長男の顔を見た時はとりあえずホッとし、

急いで家に戻り、

次男の寝顔を確認してそちらもホッとしました。


ホント、精神的に辛い時間でした…(疲)。




その後、

長男は家に着いて少し休んだら復活したけど、

次男は嘔吐が始まり、一晩中苦しみました。

今朝にはケロッとしてましたけどね…。


子供は突然体調を崩すのでビックリです。




それにしても今回はホント、きつかったわぁ。



せっかく楽しみにしてた外食も、
ダンナのいない夜も、
ぜーんぶ丸潰れでした(涙)。


すごく残念…。
(でも子供達が元気になってくれて良かった~嬉)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ローズキャッツ
2010年07月20日 08:40
大変だったんだね~
ご苦労様

夏休みに入ったらお昼3人で外食はどう?
私と子供はいつも終業式の日のランチがファミレスです。

この記事へのトラックバック