父と母・・・

今日、長男が中学に初登校・・・。
明日が入学式なのだけど、今日はオリエンテーションということで
通常時と同じく8時半~15時半までを学校で過ごします。


学校、遠いんですよねぇ、通学所要時間は1時間半ぐらい。
今朝は6時40分に家を出て行きました。
これから毎日この時間に出かけなきゃいけない、と思うと可哀想だけど仕方ないなぁ。

毎朝、お弁当を作る私もまたつらい(苦笑)。



長男、今頃、新しい学校で何をやってるのだろうか?
困ったことはないか?体調は大丈夫か?友達はできたか?

色々、色々、心配は尽きません・・・。



私が中学に上がった時、
私の親もこんな心境だったのかな?とふっと思ってしまいました。







先日、朝早くに東京に住む父から電話がありました。
電話口から「お母さんがここ数日かなりおかしいんだよ」と困り果てた父の声。


私の母親には痴呆症状がある~ということは以前ここにも書いたと思いますが、
私は長男の受験を言い訳にして実家から遠ざかってました。

でも、私が遠ざかっていた間も止まることなく、
母の症状はどんどん進んでしまっていたようです。

現在、父は一人で母の面倒を看ています。
母は寝たきりというわけでもなく、自分がボケているという自覚もないので
自分が父に介護されている~という意識が全くありません。

父がやっとのことで手続きをした介護認定も、
母はケアを受けることを頑なに拒否したことで受けられていません。

母は父への感謝の気持ちを持つどころか、父に対する不平・不満、怒りばかり。
(私はボケてないのにお父さんは私を病院に入れようとしてる~と父を恨んでます)

父に対する母の暴言・暴動は日に日に悪化している~というのが現状。

どんなに酷いことを言われても、されても、
一生懸命に母を介護している父にとっては何とも耐え難い状況だけど、
離れて暮す私や兄、弟に迷惑は掛けたくない、と、今まで一人でやってきました。

そんな父から初めてヘルプの電話が掛かってきたのです。


父の話しによると、

この春休みに、北海道に住む私の弟が息子を連れて帰省する予定になっていたのだけど、
地震があったのでキャンセルになってしまいました。
そのことを母にも説明したのだけど、聞き入れてくれず、
なぜか「明日、北海道に行くんでしょ」とずっと言い続けているのだとか。

そもそも「北海道に行く」なんて話しは最初から無かったのに、
どこをどう間違えて認識してしまったのか?
母の頭の中では「自分が行く」と強く思ってしまったらしいのです。

ここ数日、そんなわけでゴソゴソと家の中をひっくり返してはカバンに荷物を詰め込み、
荷造りができない整理ができない(←痴呆の症状)とイライラしてパニックを起こし、
父が「どこにも行かないんだよ」と言い聞かせると、
「そんなこと聞いてない、お父さんの嘘つき!」とヒステリーを起す。

しばらくするとまた忘れて、
荷造りを始める→うまくできなくてパニック→父に諭される→ヒステリー
そんなことを、ここ数日ずっと繰り返している、というのです。

父が私に電話してきた前日にもそんなやり取りがあり、
ヒステリーを起した母が「怒りで頭が狂いそう、頭が痛い、医者に行く」と
ものすごい勢いで家を飛び出してしまい、
家を飛び出した母は近所の通いつけの町医者に駆け込み、医者の中で暴れ、
医者から連絡をもらった父が母を迎えに行った~という一件があったそう。

極度に興奮してる母をみた医者から、
「このままじゃ収まらないから北海道の息子さんに来てもらうことはできないか?」
とアドバイスされたそうです。
息子の顔をみたら気持ちも収まるんじゃないか?と先生に言われたらしいのだけど、
父としてはこんなことでわざわざ飛行機代を掛けて弟に来てもらうのは気が引けたようで。

とりあえず、その日は母に薬を飲ませて寝かせたのだけど、
朝、起きたらまた「北海道に行く準備をしなきゃ」と、
引き出しをひっくり返して荷造りを始めた母を見て、
父ももうお手上げ状態になり、私に電話を掛けてきた~とのことでした。


私が実家に行くと、家の中が散乱してました。
荷造りをする母に「行かないんだよ」と諭したら、母が暴れ、
父に向ってモノを投げ付けたんだとか・・・。

私の顔を見たことで、母の頭のなかはどうリセットされたのかはわからないけど、
とりあえず、母は「北海道に行く」とは言わなくなり、
「地震があったけどお前のところは大丈夫だったの?」と、母親の顔になり、
私と私の家族のことを心配する等、ちょっと正気に戻ったようでした。

正気になったとはいえ、お茶一つ入れることはできないし
(入れようとしてくれるけど結局できなかった)、
薬を飲んだことを忘れて何度も飲もうとしたり、
同じことを何度も何度も繰り返し言ったり、
突然寝てしまったり・・・。

母は「ひとりにしておけない」状態であることは間違いないことを実感しました。



「大丈夫だ、お父さんが頑張るから」と父は言うけど、そんな父も76歳。


施設のお世話になる方向で考えて行こう、と父に提案したのだけど、
「お母さんの(母方の)親戚の手前、世話を放棄して施設には入れられない」と父。


そして、父が私に言いました。

「この前、医者から迎えに来いって言われて迎えに行った時、
 お母さんは一人でポツンって待合室に放り出されてたんだ。
 医者もひどいことをするなぁ~、と思った。
 お母さん、捨てられた猫のようにちいさくなって座って待ってた」

って・・・。



あんなに暴言を吐かれても、嫌味を言われても、モノを投げつけられても、
面倒を強いられても、感謝されなくても、「嘘つき」と言われても、

それでも父は母のことを優しい気持ちで見てあげられるんだなぁ~と、
心が痛くなりました。

母と血の繋がった実の娘の私が「施設に入れれば」とヒドイことを言うのに、
母とは血の繋がっていない父は、今、
母を支えることが自分の生きる使命のように思って献身的に介護をしています。

昔は決して夫婦仲がいい~とは思えなかったけど・・・。

夫婦ってすごいなぁ、と思ってしまいました。母は幸せな女性だと思います。




今はこうして、父がギリギリのところで頑張ってくれているけど
この先、どうしていけばいいのやら・・・。



なんとも重たい気持ちです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

an
2011年04月07日 00:02
お兄ちゃん、いよいよ中学生ですね!
毎朝、早くからお弁当作り、大変だけど、さくらさん、頑張ってね♪

お母さまの病状、とても心配ですね。
認知症外来に、通院できたら良いと思うんですが。
今の状況では、拒否なさるでしょうか。
お母さまの担当のケアマネさんに、相談できませんか?
少しでもお父様の助けになる方法を探してくれると思いますよ!
ローズキャッツ
2011年04月08日 22:00
入学式今日でした
卒業式と比べるとあっさりしたものね~
でも学ラン着ると一気に中学生になったよ

お父さんが倒れちゃうよ。
立場が逆で女親が介護している場合、娘には比較的色々言えるみたいだけど、男の人って娘にそういう弱い部分をなかなか見せれないと思う
お父さんの言う世間体もわからないわけじゃない。
私も田舎で育ってるのでそういう周りの目ってあるもの。だけどそれを心配したらお父さんが倒れちゃうからね
でも相談できる場所を探して、1日数時間でもお父さんが心配せず外に出れる時間を確保できるようにならないか話をつけてあげてください
おたま
2011年04月09日 03:45
おひさしぶりです。

息子さん入学おめでとう~(●⌒∇⌒●)
それとは裏腹に辛い現実があるのね。
お母さん、認知が進んでしまってお父さんはほとほと疲れ果ててるんですね。
たぶん認知症外来にも行かないでしょう。
自分のやってることを否定されると不安からこういう攻撃的な行動に出ます。
子供たちがそばにいたらお父さんも救われるんだろうけど
そういうわけにもいかないし、さくらちゃん辛いね。
本人の受け入れが無理な場合でも、在宅ヘルパーは受け入れてくれるかもしれない。家の中に風が必要なので、そういう方向に話出来ないかしら?!お父さんの気持ちもわかるけど、認知症に対する正しい対応もお父さんに認識してもらう必要もあります。いずれにしても、兄弟が寄ってこれからの対応を話し合い考えてあげないと、お父さんが行きついてしまうわ。一番近くに住んでるさくらちゃんが動くしかなさそうなので、居住区の福祉課に相談に行ってはどうでしょう。
さくら
2011年04月11日 10:43
>anさん
ありがとうございます。
一時期は他人の手を借りよう~と色々な方面にアクションしたこともありましたが、本人が頑なに拒否することと、家族もまた「まだ母はそこまで悪くないよね?」という信じたい気持ちがあり、結局は何も出来ませんでした。今はもうケアマネとの付き合いもなく、父と母は完全孤立してます。だから父も行詰るんだと思います。
母のため、というよりも、父の為に、介護のことを相談できる場所を確保してあげたいと思います。
さくら
2011年04月11日 10:50
>ローズちゃん
ありがとうね~。
中学校生活は順調ですか?そういえば以前、ブログに書いてた息子さんの携帯電話を欲しがる件はどうなりました?うちも同じ年の男の子を持つ身、色々と考えちゃいます。うちは塾通いで必要だったから携帯は持たせてるんだけど、塾がなくなった今は友達とのメールや電話が主になってるの。でもね、それって必要なのかなぁ?と思ったり・・・。難しい年頃に入ってくるね、お互い~。
母の件、本当にその通りで、母の為というよりも父の為に早急に対策を~と思ってます。うちは自営業で、父は今も現役で働いてるの。でも最近は母のことがあるから自分は仕事に出れないし、出ても家の事がきになって集中できないようです。趣味の旅行やスキー(いまだに現役)もここ数年は全然行けてない、せっかく長生きしてるのに、誘ってくれる友達もいるのに行けないなんてかわいそうでなりません。
さくら
2011年04月11日 10:59
>おたまさん、
アドバイス、ありがとうございます。
そうなんです、認知症外来なんて首に紐を付けて引っ張っても行きそうにありません・・・。もともとプライドは高い人なので。父は母の性格を知ってるので、なるべく母のプライドを傷付けることはしたくないようですが、その優しさが今の状況を作ってしまったのも事実。父にも認知症の介護についての知識を持たせないと、と思ってます。そのためにやっぱり専門的ところにお世話にならなきゃいけない、と思うんですよね。また1からやり直さなきゃいけないのですが、兄夫婦と連絡を取りながら、父と一緒に区役所に相談しに行こうと思ってます。
おたまさんはこの問題に関してはプロですよね、また色々と教えて下さい。よろしくお願いします。
しかし、自分の親がボケていく姿を見るのは辛いことですね・・・。
おたま
2011年04月15日 01:08


ほんとにねぇ。。。私の親は母が62歳、父が72歳で亡くなったの。父は認知症の中で亡くなったけど、病気になったので介護らしい介護せずに逝かせてしまいました。

さくらちゃん、親戚と言っても何もしてくれません。
誰一人として助けてなんかくれないから・・
お父さんが他人の目を気にするのは仕方ないことだけど
お母さんは自分がぼけてないって思ってるわけですから
どう言ってもおかしいのは回りなんですよ。でね、そういわれると、攻撃しつつも不安で不安でたまらなくなるんです。いつもいつも攻撃的ではないと思うの。どんなときに穏やかで、どんなときに攻撃的になるかお父さんはわかってると思うので、できうるかぎり、本人にあわせてあげることが必要なんですよね。もちろん、仕事どころではないでしょうし・・
命にかかわるようなことも起こりうるので、区役所に相談に行ってみたら良いと思うの。お父さんには、自宅で自分が疲弊してしまうまで介護するだけが道ではなくて
毎日でも逢いに行って優しい言葉をかけてあげるというのも介護であるということわかっていただけたらいいわね。でも、たぶん入所するにしても、かなりな待ち時間とお金がかかると思うので、兄弟が話あう席にそういう情報も持って臨んだほうが良いですよ。それまでの時間をヘルパー入れるとかしてしのぐとかやり方はあると思うの。認知症の方に対して熟知して尊厳を守ってお付き合いしてくれるヘルパーなら受け入れてもらえると思うの。
さくら
2011年04月18日 14:15
おたまさん、
色々とアドバイスありがとうございます・・・。
さきほどブログに更新しましたが、母の日常は相変らず色々とあるようです。一日の大半が探し物をしているようです。本人も苦痛ですよね・・・。
父は最近「母を叱らないようにしてるんだ」と言ってました。父なりに習得した、母の対処法のようです。
毎日のように鍵やお金、保険証などをなくしてしまう母に「叱らない」というのは父もかなりストレスたまりそうですが、色々と工夫して頑張っているようで頭が下がります。
なんとかヘルパーさんに来てもらえるようにしたいと思います。

この記事へのトラックバック